意外に多いトラックの形状

運転席はもちろんですが、トラックの荷台には色んな形状をしたものが存在しています。街中を歩いていると一番目にする機会が多いのは、平ボディーと呼ばれるトラックです。側面だけが覆われていて、上部が空いているため、工夫次第ではかなりの荷物を積み込むことができます。次に見かけるものと言えば、箱車ではないでしょうか。荷台の部分が箱のように四方が囲まれているので、段ボールや電化製品、雑誌などといった雨に濡れてはいけない荷物を運ぶのに適しています。また、ラッシングベルトを使うことにより、不安定になる商品などを固定することが可能となるのです。他にも、見た目は箱車のようですが、油圧などによって鳥が羽ばたくように側面を開くことができるウイング車というものや、冷凍や冷蔵の機能を持った冷凍車、小型クレーンを備えているユニック車、重い機械などを積み下ろすための昇降機がつけられているパワーゲート車といったものがあります。

使用目的によって色々!トラックの形状!

トラックと聞くと、四角い形状のものを想像する人が多いと思います。基本的にはそれで間違いはないのですが、その使用目的によって実は色々と違いがあるのです。まずはその大きさの違いです。積載量2t以下のものを小型と呼びます。荷台があり、そこに貨物を載せることが出来るタイプのもの、アルミ製の箱型の荷台のあるタイプのもの、同じ箱型でも冷凍、冷蔵などの機能を持ったものなどがあります。積載量4tになると中型、積載量10tで大型と呼ばれます。こちらも、基本的には小型と同じタイプのものがありますが、横から開くものや幌がかけられたようなものもあります。他に、ダンプ車といって荷台が傾いて、積載物を落とせるようなタイプのものや、液体を運ぶためのタンクローリー、ホースから積載物を出すことのできるバルク車などたくさんの種類があります。ミキサー車のように、コンクリートを運ぶトラックでは、荷台が常に回転しています。基本的に、走行距離は短めに設定されているようです。

Favorite

珊瑚買取

2018/12/20 更新

『トラック 形状』 最新ツイート

@YuuichiTakase

へー。形状はトラックの導風板みたい。

1日前 - 2019年05月22日


@JSOM_bot

【Ski】(811 コントロール番号と識別番号③) もしトラックネットワークが極度で、または(さらに)コースの形状が複雑ならば、識別記号リストを別添されることが選ばれるべきです。コントロール番号と識別記号の間にはハイフンがあります。

5日前 - 2019年05月18日


このページのTOPへ△