トラックの台数を減らして車の流れをよくする

走っている車の台数を少なくすることや、渋滞をなくすことは、車の問題を解決するうえで重要です。台数を10パーセント減らせば、消費する燃料も排ガスも10パーセント以上少なくなります。渋滞が起きると、車は前に進まないのにエンジンは回りっぱなしで、また、発進と停止を繰り返すために燃料を余計に使い、排ガスも増加します。こういった問題を、車の流れを変えるという方法で解決する試みもされています。その一つは、交通信号の赤と青の時間を調節することです。走っている車の台数を見ながら、最も流れがよくなる時間をコンピュータで計算して、信号の切り替えをする方法ですが、これを信号制御と言います。今では、大都市の主な道路などでは、ほとんどの信号がこの制御システムに組み込まれています。車の流れを変えるもう一つの方法は、道路を新たにつくったり、幅を広げたりすることです。大きな都市の中心部はどこでも混み合うので、バイパスをつくって、その都市に用のない車は、そのまま通過するようにしています。道路上のトラックの台数を減らすには、同じ方向に運ぶ積み荷をまとめることや、帰りの積み荷を用意しておくことが効果的です。それを、いくつもの運送会社が強力して行うのが、共同輸配送と呼ばれる方法です。

あなたも運転できる!トラックの基礎知識。

大型免許がなければトラックを運転できない、と考えている人もいるかもしれません。しかし、普通免許さえ取得していれば、運転できる場合があります。まず、トラックとはどのような乗り物なのか、ということからお話しましょう。トラックは乗用車と異なり、単なる移動手段ではなく、ひとつひとつに役割をもつ自動車です。そのため、ほとんどが使用目的に合わせて作られる「オーダーメイド」です。運搬するものの重量、長さなど、個々の条件に合い、且つ安全性と効率性の両方が考慮されたものが作られています。大量生産されるものではないため、短期的に利用できるリースやレンタルといった貸出があります。これらは破損事故を起こした場合の修理負担や、契約期間が異なっていきます。レンタルの場合はレンタル会社が修理を負担し、リースの場合は自己負担となります。長期間借りるのであればリースとなりますが、契約期間内の中途解約には違約金が発生してくることがあるため、注意が必要です。最後に、普通自動車免許で運転できる範囲についてご紹介します。2007年に中型免許制度が施行されたため、以前よりも運転できる範囲は狭められてしまいましたが、「総重量5トン未満、かつ最大積載量3トン未満」であれば、普通自動車免許で運転することができます。

おすすめWEBサイト 5選

ステカ シート
美容はさみ

最終更新日:2017/5/29

『トラック』 最新ツイート

@shinobin8008

コンビニのトラック駐車場。 閉鎖してるってのは、トラックで来るなってことなのかい? https://t.co/BDEhe66m48

1分前 - 2017年12月16日


@cvoice_collect

https://t.co/er2eUnVBjg / 例えばこんな出逢い方~select:辰巳令~ [サークル夜市] サークル夜市第二弾。バイノーラル録音(一部除く)他人と壁を作りがちな彼の内側は…?R18トラックのみでも55分弱。… https://t.co/S2jj880mLl

2分前 - 2017年12月16日


@mikia_sayaka

[PCMAX]PCMAX(ピーシーマックス)の広告費はなんと年間7億円以上!一日に1500件以上の登録があるから会員数も日本最大です!雑誌、新聞、トラック、看板、テッシュ…365日日本中で広告展開中!。https://t.co/XYcOcB40Ga

3分前 - 2017年12月16日


このページのTOPへ△